週報

週報

5月2~4週目の週報

2週目:負け続き3週目:100%勝ち4週目:勝ち負け50%ずつ 明確な基準ががあるときは成功無い時・証拠が少ない・チャレンジする、時は失敗 日足と週足という上位足を軸に考えて、より利幅の多いラインから1時間足目線で注文...
週報

4月5週目&5月1週目の週報(25~5月1日)

ドテンは根拠が無ければやってはいけない。根拠は中長期でのチャネル屋抵抗線・サポートラインを見て論理的に納得できるかどうか?が目安。自分の中の損切ラインを超えたら必ず損切すること。ここ最近は徹底できてたのにたった一回のミスが今回の損失に繋が...
週報

4月4週目の週報(20~24日)

自分の根拠が出そろわない注文後の値動きの想定が計算できない 以上の注文は失敗しかしないので行わいないこと。 特にロングにおける根拠は今の自分には少ない(トレンドラインの3点目切り下げブレイクぐらいしかない。汗)ので特にロングに...
週報

4月3週目の週報(13~17日)

勢いで注文、希望的観測による注文、以上は必ず失敗する 損切をもっと短くする(-20ppまでが次の目標)※それだけで利益残るので。 チャネル途中の急なトレンド変換は損切りする。仕切り直してもそもそもの方向性がトレンド変換方向に計...
週報

4月2週目の週報(6~10日)

考察 動きが出にくい一週間。 ポジションを持ち続けるか、 注文するタイミングを待つか?の一週間だった。 注文時は左側のチャート(過去のチャート)を参考にするべきだが 確認が漏れていることが多く、その場周辺のチャートから レンジ...
週報

3月4週目の週報(23~27日)

月足・週足・日足で全体の流れをイメージする必要がある。 また、日足単位で陽線・陰線の連続性からよりトレンドの傾向を予測しつつ、 過去の日足と比べてその日の日足の具合をイメージし、その日のMAX、MINをイメージすること。 その中で、極端に...
週報

3月3週目の週報(16~21日)

今週の振り返り・考察 健玉に対して掛ける数量が3分の2を超えているトレードはしてはいけない月足→週足→日足→8時間足→4時間足→1時間足の流れで大局を踏まえながら現状に落とし込みトレードする。1分足と5分足はトレードの出発地点・注文...
タイトルとURLをコピーしました